【画像】カバエワの若い頃がかわいい!新体操の妖精時代の動画まとめ

新体操クイーンとして一世を風靡したロシアのアリーナ・カバエワ選手。

YouTubeより

若い頃(新体操選手現役時代)の可愛い画像や動画、なつかしいCMをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カバエバ新体操選手としての経歴

人間離れした高い柔軟性で、日本でも人気になったカバエバ。

カバエバは、新体操選手として次のような成績を残しています。

  • 1998年(15歳)ヨーロッパ選手権 優勝
  • 1999年(16歳)世界選手権 個人総合優勝
  • 2000年(17歳)シドニーオリンピック 3位
  • 2001年(18歳)世界選手権 個人総合優勝→薬物使用違反で出場停止処分に
  • 2003年(19歳)世界選手権 個人総合優勝
  • 2004年(20歳)アテネオリンピック 個人総合優勝
  • 2004年(20歳)イオンカップ 優勝

カバエバは、2004年のイオンカップの後、引退を表明しています。

しかし、2005年に現役に復帰します。

  • 2007年(23歳)世界選手権 リボン3位

しかし、10代のころのような活躍ができず、2008年に24歳で再び引退をしています。

【画像・動画】カバエワの若い頃がかわいい!

現在41歳のアリーナ・カバエワさん。

カバエワ YouTubeより

15歳~23歳まで世界的な新体操選手として活躍していました。

若い頃のカバエワさんの画像・動画をまとめました。

1998年(15歳)ヨーロッパ選手権 優勝

1998年15歳でシニアデビューしたカバエワさん。

いきなり個人総合優勝したことで、その名を世界にとどろかせました。

2000年(17歳)シドニーオリンピック 3位

シドニーオリンピックで優勝候補だったカバエワさん。

しかし、演技の終盤、フープを場外に出してしまうという致命的なミスにより、個人総合は3位に終わってしまいました。

YouTubeより

フープは、種具の中でも、手汗などで滑りやすい種具です。種具が場外へ出ただけでなく、それを取りに行って体も出てしまったことで、大幅な原点となりました。

2000年(17歳)世界選手権

シドニーでのくやしさをばねに練習に励んできたのでしょうね。

ニコニコしながら演技をするカバエワさん、とてもかわいいですね!

2001年(18歳)世界選手権 個人総合優勝→薬物使用違反に

2001年の世界選手権でもカバエバさんは個人総合優勝を果たします。

しかし、栄養補助食品に入っていた利尿剤の成分がドーピング検査で引っ掛かり、ドーピング違反に。

2001年世界選手権(マドリード)では、団体・個人で6つのメダルを獲得していましたが、このドーピング違反により獲得した全てのメダルは剥奪となりました。

2003年(19歳)世界選手権 個人総合優勝

ドーピング違反による1年間の出場停止期間を経ての世界大会です。

やはり、かわいさ健在です。

2004年(20歳)アテネオリンピック 個人総合優勝

2004年のアテネオリンピックで、カバエワさんは優勝!

シドニーで逃したメダルということで、笑顔も輝いていますね。

日本経済新聞より

2007年(23歳)世界選手権 リボン3位

カバエワさんが、最後に出場した大会です。

23歳ということで、かわいさの中にも大人っぽさも見られます。

このころには、すでにプーチン大統領の愛人であったようですね。

カバエワ結婚?現在4人の子供の母!夫プーチンとの馴れ初めは?
1998年に15歳でシニアデビューし、有名となった新体操選手・カバエバ(カバエワ)。 高い技術と柔軟性で、一世を風靡しました。 となる現在は、4人の子供の母親! ですが、子供たちの父親は、ロシアのプーチン大統領でもあり、各国に追われる生活を...

かわいい!カバエワなつかしのCM

1999年(16歳)ごろ、ぷっちょのCMに出演しました。

カバエワさんが、新体操の世界大会で一躍有名になったころですね。

タイトルとURLをコピーしました